注文住宅であるデメリット

注文住宅はお金がかかる

注文住宅を建てることは一軒家に住みたい人の多くの希望です。一軒家に住みたい人の中で3人に2人は注文住宅を希望しているのです。注文住宅の魅力は自由設計ができる点ですが、その反面金銭的な負担が大きくなるというデメリットもあるのです。 金銭的なデメリットとは同じ一軒家である建売住宅に比べるとどうしても2割から3割は高くなってしまうのです。注文住宅のほうが高い理由は、それぞれがオーダーメイドになるため、ある程度決まった規格の中で建てる建売住宅よりも手間がかかるからです。それだけでなく、よりこだわりを強く表現したい人が注文住宅を建てるため、それぞれの部分にこだわりが込められており、どうしても材料費が高くなるのです。

意外と普通っぽい家になることが多い

注文住宅のデメリットは他にもあります。よほどこだわりが具体化した住宅でないと結局出来上がった住宅は建売住宅とほとんど変わらないような造りになってしまうことがあり、何のために注文住宅を建築したのかわからなくなったという点です。これは、注文住宅の場合、建ててみるまで具体的なイメージがわきにくいという理由があります。この点、建売住宅は出来上がった状態の家を見て購入を決めることができるため、イメージがわかないということはありません。 できるだけ具体的なイメージを持つためにモデルルームもありますが、モデルルーム自体はよく魅せるためフルオプションで展示してありますので、そのままモデルルームを参考にすると予算をはるかに超えたお金がかかることがありますので注意が必要です。